英会話学習

英語が話せない初心者の人でも英会話カフェは楽しめます!

英語が全く話せない状態で英会話カフェに入会した、とんとんです。

英会話カフェってフリートークがメインなので、講師や生徒同士で会話することが多いですよね。

ただ、会話で困ることって正直多くないですか?

ぼくは英会話カフェに通って間もない頃、とにかく英語が全然話せないので、上手く会話に入れず悩んでました。

講師:What do you think?(君はどう思う?)

なんて感じに振られても、上手く英語で表現出来ないんですよね。。

「(とりあえず)I don’t know..」みたいな感じで逃げていました。

でも自分だけ会話に入れないと、取り残された感があって、正直楽しくないですよね。

「じゃあ英語を話せない人は英会話カフェに行かない方が良いの?」と聞かれると、そうではありません。

ぼくは英語を話せない状態で入りましたが、何だかんだ2年間楽しく通い続けています。

ぼくのように英語が話せないけど英会話カフェに通いたい人は多くいるのではないかと思い、今回記事を書くことにしました。

少し準備は必要ですがすぐに出来ますし、英語の勉強にもなるオススメの方法ですので、良ければマネしてみてください。

一番手っ取り早いのは話せる話題を増やしておくこと


英語を話せない人が何が一番困るかって、日本語では話せるけど英語で表現出来ないことです。

いきなりテーマを出されても全然英語が出てこないので、結構パニックになりますよね。

 

たとえば講師の方は、こんなことを話題を振ることがあります。

講師:「今月は12月だから、クリスマスについて話そう!みんなはクリスマス何をするの?」

恐らく日本語ならそれとなく答えれますよね。でも英語となると難しいです。

「友達と買い物をしたり美味しいもの食べたりして、とにかく話す予定!」と日本語では思っていても、

「美味しいものを食べるってどう表現したらいいの?」

「未来のことを話すときは、どうすれば良かったっけ?」

など、結構詰まるポイントが出てくるんですよね。

こうなってしまうと、何も話せなくなってしまいます。

何も話せない状況を防ぐためには、自分で単語や文法を勉強するのはもちろん大事ですが、一番手っ取り早いのは事前に話せるテーマを増やしておくことです。

一言でも話せるようにしておけば後は何とかなる!

事前に話せるテーマを増やすと言っても、スピーチのように長く準備しておかなくて大丈夫です。正直、一言だけでも用意しておけば困りません。

 

たとえば、クリスマスのテーマについて話題を振られたとしましょう。

講師:「みんなはクリスマス何をするの?」

ぼく:「I’m going to eat Christmas denner with my family.」
(家族と一緒にクリスマスディナーを食べる予定です)

これだけでも表現出来れば、全く問題ありません。

一番辛いのは、最初の質問から黙ってしまうこと。

ぼく:「…(どうしよう…)」

講師:「…」

といった微妙な空気が流れてしまいます。

一言でも話せるように準備しておくと、困ることはありません!

話せるテーマを考えることは良い勉強

事前に話せるテーマを考えることは、実はすごく良い勉強になります。

「ジャーナリング」とも呼ばれていて、英会話向上のためにオススメされている勉強法でもあります。

「ジャーナリング」の何がいいのかと言うと、自分に関係している英会話表現を勉強出来ることです。

英会話って、自分に関係していることを話すことがほとんどですよね。でも自分と身近な単語や表現って、結構知らないものです。

つまり「ジャーナリング」をすることで、自分に関係しているテーマについて話せるようになるので、英会話の力が上がるようになります。

話せるようになっておきたい話題


「話題を用紙しておこう!」とは言いましたが、具体的に何を考えておけばいいか分かりませんよね。ですのでいつもぼくが用紙している話題を紹介します。

用意している話題
  1. 自己紹介
  2. 季節イベント系の話題
  3. 最近あった出来事

これらを用紙しておけば、8割は大丈夫です。

英語でどう表現するかは、この後紹介していきます!

話題1. 自己紹介

英会話カフェに通ったら、ほぼ必須になるのが「自己紹介」です。

講師:「じゃあ時計順で、それぞれ簡単に自己紹介してください」

といった感じで振られることもあります。

何をどこまで自己紹介すれば良いか戸惑いましたが、ぼくは以下のことを話しています。

自己紹介で話していること
  1. 名前
  2. 出身地・住まい
  3. 仕事
  4. 趣味

1. 名前

名前は自己紹介の基本。まずは名を名乗りましょう。

My name is ○○(名前).
「私の名前は○○です」
I’m ○○.(名前)
「私は○○です」

といった感じでOKです。

2. 出身地・住まい

出身地・住まいもよく話しています。同じ出身地・住まいの生徒さんがいれば、そこから話が広がるかもしれないからです。

I’m from ○○(都道府県).
「出身地は○○です」
「I live in ○○(都道府県).」
「○○に住んでいます」

といった感じで話しましょう!

3. 仕事

英会話カフェには社会人の方がよく来られているので、自分の仕事について話しています。学生さんであれば、学生であることを言えば良いと思います。

My job is ○○(職業).
「私の職業は○○です」
I’m ○○(職業).
「私は○○です」

もし可能であれば一言でも良いので、仕事で何をしているか、少し具体的に話せると良いですね。

例) Webサイトやアプリを作っているプログラマー

My job is programmer.

I make websites and applications.

訳)「私の職業はプログラマーです。」

「私はウェブサイトとアプリケーションを作っています。」

いきなり英語で自分の仕事を説明するのは難しいので、簡単に用意しておきましょう!

4. 趣味

趣味は絶対何か話せるように用意しておきましょう!趣味の話が一番盛り上がります。

趣味がない人も、自分の好きなことを話せるように用意しておきましょう!

My hobby is ○○.
「私の趣味は○○です」
I like to ○○.
「私は○○するのが好きです」

話題2. 季節イベント系の話題

英会話カフェでは、季節イベント系が話題に上がることがよくあります。

10月なら紅葉狩りやハロウィーン、12月ならクリスマスや大晦日といった感じです。

ですので英会話カフェに通う月に何か季節のイベントごとがあれば、何か話すことを考えておくのが良いです。

ぼくが年末に英会話カフェに行ったとき、大晦日の予定を聞かれましたので、そのときは以下のように答えました。

I’m going to eat “年越しそば” with my family, and meet my friend.

I used to watch “ガキの使い” or “紅白”, but now I don’t watch TV.

訳:「私は家族と年越しそばを食べて、友達と会う予定です」

「昔は”ガキの使い”か”紅白”を見ていたけど、今はテレビを見ていないです」

そこから講師や生徒さんに「年越しそばイイネ!」「どうしてTV見ないの?」というような感じで、話を広げてくれました。

簡単でも良いので話せるようにしておくと、スムーズに英会話カフェが楽しめますよ!

話題3. 最近あった出来事

「今週はどういった1週間でしたか?」「最近、何か起きた出来事とかある?」

といったテーマでも話すことがあります。

本当に仕事詰めで何も無ければ、無理に話さなくても大丈夫です。ぼくも本当に何も無かった時は「Nothing!」と言っています。

でもせっかく英語を練習する場ですので、出来るだけ何か話した方が良いです。

I gave a birthday present to my friend.
「友達に誕生日プレゼントをあげました」
I went to see a movie yesterday.
「昨日映画を見に行きました」

といった簡単な内容でもOKです。一言でもあれば、後は講師や生徒さんが詳しく聞いてくれるはずです。

日本語なら話せるけど英語で上手く話せない内容のときは?


話を事前に用意しておいても、講師や生徒さんから質問されますので、そこからはアドリブになります。

質問されたときに「上手く英語で返せない…」と感じたら、どうしたら良いのでしょうか?

 

ぼく自身は、「間違ってもいいからとにかく頑張って話してみる」を意識して返しています。

正直、自分でも何を言っているか分からないぐらい文法・単語がめちゃくちゃなときがあります。

確か「子会社」というのが説明出来なくて、

「The big company, down, the small company. its small company is my company!」

といった感じで、ジェスチャーしながら説明した気がします。。

英会話カフェは英語を話す練習の場なので、黙っているより何か話した方が練習になります。

別に完璧に話せなくて良い

講師も何となくニュアンスで理解してくれて、正しい英語を教えてくれます。

もし周りに生徒さんがいれば、「○○って英語で何と言いますか?」と日本語で聞けば大丈夫です。

みんな英会話の練習をしに来てるので、もちろん講師も完璧に話せるなんて思ってないです。

もちろんぼくも間違えた英語を使って、バカにされたことはありません。

変に思われることもないので、安心してどんどん英語を話しましょう!

間違えることで成長を感じることができる

最初は「変な英語を使うのが恥ずかしい」という気持ちがあって、間違った英語を話すのが怖いと思います。

でも最初だけで、徐々に慣れてくるので大丈夫です!

しかも月日が経つにつれて、少しずつ話すのが上達してきて、正しい英語を話せる場前が増えてきます。

そのときに、成長を感じることができます。

こういった成長も感じれるので、間違ってもいいから英語を話すことは、すごくオススメです。

本当に頭が真っ白になったら周りに助けてもらいましょう!

どうしても単語が出てこなくて、沈黙状態になってしまうこともありますよね。

そのときは、周りに助けを求めてみましょう。

日本語が分かる講師の場合は、日本語で質問したら答えてくれますので、安心してください。

もしグループレッスンで生徒さんが周りにいれば、生徒さんに質問してみましょう。

大抵の講師や生徒さんは親切な方ですので、質問すればきっと教えてくれるはずですので、遠慮なく聞いちゃってください!

周りに誰も分かる人がいなければ、スマホで調べれば分かると思いますので、

「Can I look it up on the internet?」
(インターネットで調べても良いですか?)

と英語で聞いてみてください!

英会話カフェは慣れるとめっちゃ楽しい

英会話カフェって、最初はすごく緊張すると思います。

ですので英語を話せるかどうか不安な方は今回紹介した方法で準備をして、英会話を楽しんでください!

英会話カフェは、雰囲気に慣れてしまえば、緊張や不安は無くなると思っています。

ぼくも最初は心臓バクバクでしたが、今は緊張も無く、すごく楽しんでいます!

英語を継続して勉強出来ているのも、英会話カフェという楽しい場があるからだと思っています。

「英語を楽しく学びたい!」と思っている方は、今の英語レベルに関係なく、すごくオススメします。

お互い、英語の勉強頑張りましょうね!