英会話学習

【むしろ得】英会話とTOEICの勉強を両立してもいい理由

「TOEICの勉強をしているけど、どうせなら英会話の勉強も並行して進めたい!」

「英会話の勉強をしているけど、就職に使えるTOEICの勉強もしてみたい!」

英語を勉強している中で、英会話とTOEICの勉強を両方を進めたいと考える人は多いようです。そんなぼくも、その一人です。

しかしGoogle先生で調べてみると、「英会話とTOEICの勉強を並行するのは良くない!」という記事があったのでビックリしました。

「え、別に両立良いじゃん!!」

と思いつつ、今も実際に並行して勉強をしています。

ちなみに英会話の学習は、1年継続しています。TOEICの勉強は最近始めて、英会話の勉強を並行してからは3ヶ月ほど経ちました。

その理由を今回ご紹介していきます!

  • TOEICの勉強をしている人
  • 英会話の勉強をしている人
  • TOEICと英会話の両方の学習を検討している人

これらに当てはまる方に役に立つ記事になっていますので、ぜひご覧ください!

英会話とTOEICの勉強を並行するようになった理由

「どうして英会話とTOEICの勉強を並行しているか?」ということについて、まずは簡単に説明します。

*

ぼくは元々、英語を話せるようになりたくて英語の勉強を始めました。なので、英会話の勉強から入った側ですね。

そして英会話の勉強をしていると、ふと疑問に思いました。

「果たして自分の英語力は、どれだけあるのか?」と。

何となく英語で話せることが増えてきたと思っても、ちゃんと成長しているのかどうかは主観でしかないんですよね。

「自分の力を、試してみたい…!」

アニメの主人公みたいなことを思ったときに出てきたのがTOEICです。

その流れでTOEICを受けることになり、TOEICの勉強も同時に進めることになりました。今も継続してTOEICを受験する予定なので、並行して勉強をしています。

*

流れとしてはこんな感じです。確かに本来は、英会話とTOEICの勉強のどちらかに絞ってやるべきなのかもしれません。しかし、ぼくは並行して勉強していく予定です。

その理由を、次の章から詳しく説明していきます。

理由1. TOEICがあると英語学習のモチベーションが上がる

TOEICの日程があることで、英語学習のモチベーションが上がります。「申し込んだし、英語の勉強をしないと!」という気持ちになるからです。

英語の勉強って、結構モチベーションを維持するのが大変ですよね。これって、短期的な目標やゴールが無いのが原因の一つかなと、最近思い始めました。

英会話の勉強をしている方なら、「英語を話せるようになりたい!」という長期的な目標はあると思います。しかし、もっとスパンの短い期限や目標は無いんじゃないでしょうか?

長期的な目標しかないと、人間ってやっぱりサボってしまうんですよね。

「今日は疲れているし、別に今日やらなくても良いか。明日はやろう」と思ったら最後。そのままズルズル勉強しなくなるのが人間です。

でもTOEICを申し込めば、「○月の試験で○○点取るぞ!」という目標が出来ますよね。この目標が良い焦りを生んでくれて、モチベーションアップに繋がります。

TOEICは英語のモチベーション管理としても使えますので、特に英語始めたての方にはオススメです!

理由2. バランスよく英語学習ができる

みなさんご存知でしょうか?英語には4つの力があります。

英語の4つの力
  1. スピーキング力(話す力)
  2. リーディング力(読む力)
  3. ライティング力(書く力)
  4. リスニング力(聴く力)

TOEICは英語力を測る試験ですが、実際に試されるのは「リーディング力」「リスニング力」の2つだけ。TOEICでは、英語の文章を書いたり話したりする力は不要なんです。

逆を言うと、TOEIC高得点でも英語を話せない・書けない場合があります。というか実際に、TOEIC高得点で英語が話せない方が本当にいるようです。(ぼくはこれを聞いたとき衝撃でした)

ただし英会話の勉強もしておけば、スピーキング力が身に付きます。そして英会話の勉強の過程で、ライティング力も伸びていきます。

つまり英会話の勉強を加えることで、英語に必要な4つの力をバランス良く鍛えることが出来ます。

どうしてもTOEICを早めに高得点取りたいのであればオススメ出来ませんが、急ぎでない人は、将来を見据えてバランスよく勉強していきましょう!

TOEICと英会話の勉強の両立で大変なことは?


大変なことは一つも無いです!

どちらの勉強も楽しくやっていますし、大変だと思ったことはありません。まぁ強いて言えば、スケジュール管理ですね。(あるんかい)

TOEICの勉強ばかり集中するとスピーキングの練習が出来ませんし、英会話の勉強ばかりしているとTOEIC対策が出来ません。

その辺りを上手く自分で調整しないといけないので、そこが少し面倒に感じるかもしれません。

ただ個人的には、毎日同じような勉強していると飽きてしまうタイプなので、逆に違った勉強を出来る方が楽しく感じます。ここは、好みによりますね。

TOEICと英会話の勉強を両立しない方が良い人は?


TOEICと英会話の勉強を両立しても、ぼくは良いと思っています。しかし、TOEICのスコアをとにかく上げたい人であれば、両立はしない方が良いです。

なぜかと言うと、勉強の効率を逆に下げてしまい、TOEICのスコアが伸びにくくなるからです。

TOEICと英会話の勉強を両立することで、英語の4つの力をバランス良く鍛えることが出来ます。でも先ほど述べた通り、TOEICに必要な力は「リーディング力」「リスニング力」の2つだけ。

つまり英会話の勉強が、余分になってしまいます。その分、TOEICの勉強に集中している人と比較すると、結果が出にくいです。

「就職・転職で使いたいから、早めにTOEICのスコアを上げておきたい!」という人は、TOEICの勉強に集中した方が効率的です。

当てはまる人は、まずはTOEICの勉強に特化しましょう。その後目指したスコアを取れたら、英会話の勉強を始めるのが良いかもしれません。

TOEICと英会話のそれぞれ割合と勉強方法は?


ぼくはTOEICと英会話の勉強を並行していますが、だいたいほぼ均等に勉強しています。ただTOEICが近づくと、少しTOEICの勉強に力を入れています。

では実際に、ぼくがどうTOEICと英会話の勉強をしているかを紹介します。

1. TOEICの勉強方法

TOEICの勉強方法は、以下のように実施しています。

TOEICの勉強方法
  1. 英文法の勉強
  2. 英単語の勉強
  3. 過去問・問題集の勉強

英文法の勉強

英文法の勉強は、「Evergreen」という問題集を使っています。結構厚みのある文法書ですが、分かりやすい解説のためスラスラ読めます。

ぼくはある程度ページが進んだら、1章進めながら少し過去の章も復習する、といった進め方をしています。

ちなみに英文法の勉強は、英会話にもすごく役に立ちますので、一石二鳥です。

英単語の勉強

「TOEIC TEST 英単語超速マスター2500」という単語帳を使って勉強しています。


使うのは電車に乗っているときや、寝る前などの隙間時間が多いですね。

TOEICの問題集を見れば分かりますが、基本ビジネスで使う単語がよく出てきます。そのため、普段の英会話の勉強では出てこない単語も、多くあります。

そのためTOEIC用の単語帳は、どれか1冊持っていた方が良いです。

過去問・問題集の勉強

TOEICの問題集や過去問での勉強も実施しています。ただし、普段から問題を解いてるのではなく、1ヶ月前ぐらいから使っている程度です。

ぼくは英会話の勉強が中心のため、問題集の勉強はそこまでしていませんが、TOEICの方が大事という人は、問題集の勉強をガッツリした方が良いです。

2. 英会話の勉強方法

英会話の勉強については、以下のように実施しています。

英会話の勉強方法
  1. 英文法の勉強
  2. 参考書での学習
  3. 英会話スクール

詳細は以下の記事に書いていますので、こちらをご覧ください!

関連記事:【英語が苦手な人必見】実際に効果を感じている英会話の勉強方法

両立しながら勉強を頑張っていきましょう!

TOEICと英会話の勉強を両立すると、結果が出るまでのスピードは上がってしまうデメリットはあります。

しかし、英語の力をバランスよく勉強できる点、モチベーションがアップする点を考えると、両立しても問題ないと思っています。むしろ得が多いかと。

目先の結果にとらわれず、「自分が将来どうなりたいか?」を考える事が一番大事ですね。

勉強頑張っていきましょう!