英会話学習

【英語が苦手な人必見】実際に効果を感じている英会話の勉強方法

「英語の勉強をしているけど、なかなか話せるようにならないな…」

「英語が苦手だから、話せるようになれる気がしないな…」

英語を勉強していると、こういった悩みが出てくることが、一度はあるのではないでしょうか?

ぼく自身も英語が苦手で、勉強方法については、まだまだ悩むことが多いです。しかしそんな中でも、英会話力は少しずつ伸びてきていると感じています。

元々英語をすごく苦手としていたので、英語に苦手意識がある人ほど、今回お役に立てるかなと思います。

学生時代の勉強では英会話力は伸びない


英語の勉強を色々とやっていて、特に強く感じたのが、「学生時代の勉強では英会話力は伸びない」ということ。

学生時代の英語の勉強って、みなさんどうされていましたか?

  • 単語の暗記
  • 英文法の勉強
  • 英文読解に取り組む

ざっとこんな感じではないでしょうか?

こうした学生時代の勉強で伸びるのは、基本的に読む力(リーディング力)です。つまり、英語を話す力(スピーキング力)ではありません。

「話す」力を伸ばす勉強をする必要がある

「日本人は、英語は読めても、話すことは出来ない」と言われてるのは、まさにリーディング力ばかり鍛えているのが原因です。

学生時代の勉強方法では、英語を「読む」力ばかり伸びて、「話す」力は全然伸びないです。

正直今まで英語を話す練習は、あまりしてこなかったと思います。英語を話せるようになりたいなら、「話す」力が伸びるための勉強をしないといけません。

TOEIC 900点なのに英語を話せない人がいる

これは、ぼくが通っている英会話スクールのネイティブ講師に聞いた話です。

TOEIC 900点なのに英語を上手く話せなかった講師の人がいたということ。(もう辞めたみたいですけど…)

TOEICで900点も取れたら、英語ペラペラなイメージがありますけど、そうでもないみたいですね。

 

実はTOEICで試されるのは、リスニング力とリーディング力です。つまり、スピーキング力は関係ありません。

とは言え、TOEIC 900点は本当に難しいと言われていますし、それだけ高得点なのに英語を話せないのは、本当にびっくりしました。

スピーキング力を伸ばすには、勉強方法を変えないといけないことが分かるエピソードですね。

【注意】単語や英文法の勉強が無駄というわけではない

「それじゃあ、単語や英文法の勉強は置いておいて、とにかく英語を話す練習をすれば良いんだね!」というのは、残念ながら間違いです。

英単語・英文法もちゃんと勉強していないと、英語は話せるようにはなりません。

ぼくも最初、あまり勉強をしないで、とにかく英語を話す練習ばかりしていました。結果的には、少し上達しましたが、短い文章を少し話せる程度です。

英単語・英文法を当時からちゃんと勉強していれば、もっと伸びていたと思っています。

ですので、英単語・英文法の勉強は必須になります。ぼくのように失敗しないためにも、頑張っていきましょう!

実際に効果を感じた英会話の勉強方法


それでは実際にぼくが今実践していて、効果を感じている英会話の勉強方法を紹介します。

1. 英会話スクール

「いきなりスクールを推すのかよ!」と思った方は申し訳ないです。でも、やっぱり英会話スクールは効果あります!

英会話スクールでは、ネイティブ講師や生徒さんと英語を使って会話をしたり、英会話フレーズを学んだりします。基本的に、日本語はNGです。

 

英語の環境を作れることが大きなメリットかなと思います。日本にいる限り、当たり前ですが周りの人は日本語を話すので、英会話の練習が出来ませんからね。

一人でも英会話の勉強は出来ますが、一人の勉強だと限界があります。

特に思うのは、「相手の言ったことを理解し、瞬時に文章を組み立てて話す」といった練習が出来ないこと。これって、英会話で必須となるスキルなんですよね。

要はコミュニケーションの部分が練習できないので、一人の勉強はオススメ出来ません。

そのため、個人的には英語を話せるようになりたい人は、英会話スクールに通うべきだと思っています。

オンライン英会話であれば、月に1万円以内でレッスンを受けれる時代ですし、ぜひ英会話スクールを活用して、英会話の練習をしてください!

2. 「どんどん話すための瞬間英作文」

ぼくも愛用している参考書の一つです。

この参考書は、英会話の練習に特化した参考書で、「日本語を見て瞬時に英文を作る」といった練習をします。

内容は中学レベルなのですが、これがなかなか難しいです。

え?中学レベルなら余裕?

では、ちょっとお題を出してみるので、一緒に考えてみましょう!

たとえば、以下の文章を瞬時に英作文してみてください。

「母がぼくの部屋に入ってきたとき、ぼくは英語を勉強していました」

*

*

この答えは、以下になります。

「When my mother entered my room, I was studying English.」

When節を使った例文ですが、ちゃんと中学範囲の英文法です。これを瞬時に英作文するのは、相当難しいと思います。

ぼくは最初全く英作文が出来ませんでしたが、参考書を進めているうちに、少しずつ瞬時に出来るようになってきました。

中学範囲の英文法ですので、最近英語の勉強を始めた方でもオススメです。

ただし、一度読んでみて文法が理解出来なければ、中学範囲の英文法書を買うことをオススメします。

3. 英文法の学習

英語を話せるようになりたいなら、英語を話す練習を増やすべきですが、英文法の勉強も必須です。

英文法を勉強しないと、英語を話すときに英語を頭の中で組み立てられないため、短い文章しか話せません。(ぼくが経験済み)

そのためぼくも、英文法の勉強は参考書を使って、欠かさずに続けています。

 

ぼくが今まで使用した英文法の参考書は、「一億人の英文法」と「EverGreen」の2つで、「EverGreen」は現在使用中です。

どちらもオススメですが、以下を目安に購入すると良いと思います。

  • 「英会話の勉強に特化したい!」→ 「一億人の英文法」
  • 「英会話 + TOEICのような試験対策もしたい」→ 「EverGreen」

英文法の勉強も並行しつつ、英会話の勉強をしていきましょう!

※「一億人の英文法」については、レビュー記事を書きましたので、良ければ参考にしてください!

参考記事:【初心者必読】一億人の英文法の効果や使い方など感じたこと全て

どんどん英語を話して練習しましょう!

英語を話せるようになりたいなら、やはり英語をどんどん話すことが大事です。最初は上手く言葉が出てこないし、文法を間違えたりすることもあると思います。

しかし何回も英語を話す意識をしていると、少しずつ英語で話せることが増えていきます。

ゆっくり、一緒に、頑張っていきましょう!